FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

【笑い】テストの珍回答・迷回答集

もしかして天才!的な珍解答、おばかな回答集↓漢字<読み書き編>↓穴埋め問題  考えたんだろうな~↓次の答えはある。 意味政界では?「問題」一番たくさんの都道府県と接しているのはどこですか?↓「問題」インドや中東で多く食べられており、平たいパンのような食べ物で、    カレーとよく合う食品はなんですか?↓次の問題は引っ掛けか?↓敬い過ぎた結果!?↓この回答者は良く連れていかれるんでしょうね。↓先生のコメント...

続きを読む

宮崎事情(自治会活動)

今年の4月より自治会会長を引き受けました。馴れぬ仕事で試行錯誤の連続です。先輩に聞き、教えを乞い毎月をこなしています。特に25日以降は特に忙しい。何故なら「宮崎市広報宮崎」を含めて回覧する印刷物が最低10件はあるので仕訳作業だけで3~4時間かかる。我が自治会は会員数123名で10班の構成です。また役員は19名です。まず回覧板を作るには10班の袋を並べて始まります。写真上の様に123名に配布するには広報に左右のチラシ...

続きを読む

【帰化日本人】日本国籍を取得した有名人まとめ【芸能人】

私も知らなかったあの人が日本に帰化していた!山本モナ(ノルウェー)ボビーオレゴン(ナイジェリア)松坂慶子(韓国)錦野旦(朝鮮)松田優作(韓国)阿部力(中国)凰蘭(中国)クロードチアリ(フランス)ジュデイオング(台湾)カルメンマキ(アメリカ)ジェンムテムルアカ(コンゴ李麗仙(韓国)姜暢雄(韓国)和田アキ子(韓国)...

続きを読む

宮崎事情(焼酎5)

今日は焼酎王国の鹿児島の焼酎についてお話をしたいと思います。鹿児島の焼酎の代名詞「白波」でしょう!焼酎ブームで全国に大ヒット商品です。作っているのは薩摩酒造㈱で枕崎市に本社、工場があります。幻の焼酎「森伊蔵」「村尾」「魔王」は特に有名ですがなかなか手に入りません。また一時ブームになった「伊佐美」も抱き合わせでなんとか手に入れる事が出来るようです。鹿児島の皆さんはそれぞれ地元の焼酎を飲まれていますが...

続きを読む

宮崎事情(ミニテニス)

今日はミニテニスの実際のプレーをyoutubeで見て下さい。↓少し長いですが!↓55歳以上の戦いです。↓ダブルス戦です。↓決勝は1対1のためファイナルが行われました。↓結果は?...

続きを読む

宮崎事情(焼酎4)

霧島酒造㈱は芋焼酎「霧島」をメインに発売し全国焼酎メーカーNO1の会社です。皆さんがよく飲まれている「黒霧島」は日本全国に広まりトップの売り上げを挙げています。この外横綱の白鵬のコマーシャルで最近出された「白霧島」も併売されています。また前回ご案内した「赤霧島」も美味しい芋焼酎です。この外「吉助」も有名です。これも白、黒、赤があります。今日は霧島酒造㈱から数量限定販売の「茜霧島」を紹介します。下記...

続きを読む

宮崎事情(孫達と過ごした3日間その2)

今日は8月11日で孫達と過ごす最後の日になりました。朝食をすませて小2の孫と近くのクヌギ林でカブトムシ、また山でクマゼミを捜しましたが取れませんでした。また母の本家に行って日本ミツバチの巣箱を見てハチの動きを観察しました。また備え付けの遊具で遊ばせました。母はディサービスに行くので孫達が最後の別れをしていよいよ出発しました。父の本家のある西都市に行き墓参りが目的です。30分ぐらいで墓に到着したので花の...

続きを読む

宮崎事情(孫達と過ごした3日間その1)

8月10日朝食を8時頃食べて民宿磯の周辺を散策しました。海岸なので沢山の蟹がおり孫達が追いかけまわして楽しそうにはしゃいでいました。宿から近くのオートキャンプ場から展望台、木崎浜を散策しました。写真は台風14号の余波で白波の立つ木崎浜です。そして喜んで裸足になって夢中に波を追いかける孫2人です。私が危ないので何度も注意したのですが、20分は上がろうとしませんでした。確かに晴天の下、綺麗な砂浜で波と戯れる機...

続きを読む

宮崎事情(孫達と過ごした3日間)

8月8日から2泊3日で次男が千葉県松戸市より高千穂に孫達を連れて熊本空港より来る事になった。次男達は阿蘇を観光し夜は神楽を見て高千穂に泊まった。翌10日に高千穂峡、天戸神社を観光して夕方、日向市のタイムズレンタカーで落ち合う事になった。こちらは母、家内でと3名で宮崎空港の日産レンタカーでセリナを借りて午後1時頃日向市に向かった。途中母の依頼があり都農神社(つのじんじゃ)に参拝した。写真の通り威厳のある、由...

続きを読む

宮崎事情(焼酎3・お湯割り)

お湯割りの作り方は下記の通りです。1、まずはじめにグラスにお湯を注ぎましょう。2、そして後から焼酎を静かに、丁寧にゆっくり注ぎましょう。 (メーカーの弁によれば後から注いだ焼酎はお湯よりも温度が低いため グラスの底に届き、焼酎とお湯がじっくり混じりあうそうです)↓ 3、20度の場合焼酎         7   6   5お湯         3   4   5アルコール度数    14  12   10あとは自分の好み...

続きを読む

PR

スポンサードリンク

PR

広告

プロフィール

きくちゃん

Author:きくちゃん
私の郷里の宮崎の情報と旅行の話をきままに発信します

スポンサーサイト

スポンサーサイト

カテゴリ

広告

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。